2020年2月コラム

2020年1月コラム

太陽光発電システム設置費実質0円でゼロエネルギー住宅を建てる

ゼロエネルギー住宅(ZEH(ゼッチ))とは、「外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅」です。国の指針では今年中に新築住宅の50%、2030年には新築住宅の平均でZEHの実現を目指しています。ZEHの要件は①建物の断熱性能を省エネ基準より上げる、②基準一次エネルギー消費量を20%以上削減する、③ 再生可能エネルギーの導入(太陽光発電等)、④ ①~③により基準一次エネルギー消費量から100%削減することです。


 ZEH導入で大きな問題となるのは建築費用の1割程度を占める太陽光発電システムの設置費用ですが、実質0円で設置できるプランがあります。それは「LIXIL  TEPCO スマートパートナーズ」(LTSP社)が提供している「建て得バリュー」です。その内容は、当初10年間LTSP社が余剰売電収入を得る代わりに、お客様の太陽光発電システム設置に伴う割賦支払い負担を実質ゼロにするというものです。10年目以降の余剰売電収入はお客様に入ります。発電した電力は0円で使用でき、断熱性能の高い住宅で快適で光熱費を抑えた生活を送ることが出来ます。太陽光発電システムが実質0円になることと光熱費を抑えられることで、その分を住宅の断熱性能の向上や高効率な設備システムの導入に振り替えることが出来るので、長い目で見れば一般的な(性能の低い)住宅を建築するよりもお得になることが期待できます。このプランを採用するにはいくつかの条件がありますが、住宅の新築をお考えの方は採用を検討してみてはいかがでしょうか。詳しくは弊社にお問い合わせください。

 弊社では耐震・断熱リフォーム・建て替え・2030年に標準化されるゼロエネルギー住宅ZEH・省エネ住宅の新築・エコリフォームなど、安心で快適な住まいづくりのご相談に応じておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。