2021年5月コラム

2021年4月コラム用

木造住宅の耐震改修補助事業制度について

目には青葉山ホトトギス・・・ですが、新型コロナは一向に収束の兆しが見えず、また最近では地震も多く発生しており、不安な日々を過ごさざるを得ません。
今年度になって木造住宅の耐震改修に対する補助事業が大きく変わったので解説します。
山梨県下の各市町村では、前年度に引き続き無料の木造住宅耐震診断を行っています。これは昭和56年以前に建築された木造個人住宅に対して行われるもので、市町村が委託した診断者が訪問して耐震診断を行うものです。この耐震診断の結果が耐震性能不足と診断された住宅の耐震改修に対して補助金が助成されます。
韮崎市では耐震改修設計から耐震改修工事までの費用の一部の内、対象経費の4/5以内で140万円までが助成されます。耐震シェルター設置には2/3以内で24万円まで、住宅の解体工事には解体費用の1/10で10万円までが助成されます。この他対象地域のブロック塀撤去にも工事費の一部が助成されます。
北杜市では耐震改修設計から耐震改修工事までの費用の一部の内、対象経費の80%以内で100万円までが助成されます。対象地域のブロック塀撤去には対象経費の2/3以内で20万円(重要路線は30万円)までが助成されます。
甲斐市では耐震改修設計から耐震改修工事までの費用の一部の内、対象経費の4/5以内で100万円までが助成されます。そして建替工事に対しても同様の助成があります。耐震シェルター設置には2/3以内で24万円まで、耐震改修と併せて行うリフォーム工事で、市内業者が行うものに対して対象経費の1/5以内で20万円までが助成されます。
これと併せて山梨県からは通常の耐震改修工事より費用のかからない「低コスト工法」を採用して改修した場合には20万円の助成があります。
税制面では所得税や固定資産税の優遇措置が実施されています。補助事業や税制について詳しくはお住まいの市町村や弊社におたずねください。大きな地震は必ず来ると言われています。補助事業をうまく活用して安心・安全な住まいづくりをしてください。
 弊社はおかげさまで今年創業100年を迎えました。これからも伝統と最新の技術で、より快適で安心・安全な住まいづくりに邁進して参ります。耐震・断熱リフォーム・建て替え・2030年に標準化されるゼロエネルギー住宅『ZEH』・省エネ住宅の新築・エコリフォームなどのご相談に応じておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。